セミナーで見つけた吉野式記憶術。良い悪いの見極め方。

セミナーで見つけた吉野式記憶術。良い悪いの見極め方。

セミナーと言ってもたくさんありますよね?自己啓発セミナーだったり、営業力強化セミナー、医学セミナー、数え上げたら切りがありません。

中には有用なセミナーで役に立つものもあれば、びっくりするくらいに中身が薄いものもあります。

無料セミナーですと情報が薄い場合は多いですし、有料セミナーも値段に比例しているかと言えばそうでもありません。

ただし私がセミナーから吉野式記憶術を知ったように値段に見合う価値のセミナーもあります。

ここで良いセミナー悪いセミナーはどう違うのか私の個人的見解になりますが、共有したいです!

吉野式記憶術公式HP

良いセミナーの特徴

確実に言えるのは集まっている人の質がいいということです。

吉野式記憶術を知ったあるセミナーも向上心の高い方社会的地位をすでに確立している方が多かったです。

必然と求めるものの質、要求が高くなるので結果として満足出来るセミナー、つまり良いセミナーとなるわけです。

また講師の方もこういうレベルの高い生徒に揉まれているわけで、高い知識とそれを伝える力を持っていることがほとんどです。

また良質なコンテンツも紹介してくれたり、と吉野式記憶術のセミナーがいい例ですね。

悪いセミナーの特徴

言い方はとても悪いですが、受講生の質が悪いです。

受け身な方が多く自分で何かをしてやろうという感じはなく流されるまま受けとけばいいでしょという感覚で望んでいるように私は見えました。

また講師もそれを見越しているのかやる気はあるのですが、受講生を傷つけるような発言を平気でしてみたりとモラルが若干違います。

あとロジカルに考えるというよりは感情に訴えてくるので、よく考えるとおかしくない?ということもあったりします。

セミナー自体は何も悪くない。

例えばなのですが、孫正義さんが教える起業に大事な心構えというセミナーがあればそれを批判する人はいないでしょう。

ただセミナーがどうしても変に見られてしまう原因の一つとして間違いなく私が感じているのは質の悪いセミナーの存在だと思います。

それが原因でセミナーはなんとなく胡散臭いというイメージが定着してしまっているのでしょう。

実際にセミナーを受ける人ってそんなに多くないですからね。

吉野式記憶術のセミナーのように質の高いセミナーが明るみになっていけばセミナーのイメージも払拭されるのではないかと我ながらに思っているところです!

吉野式記憶術公式HP TOPページを見る