記憶力をアップさせるサプリメントは効果あるの?

記憶力をアップさせるサプリメントは効果あるの?

世の中には「記憶力をアップさせる」「認知症を予防する」といったサプリメントが市販されていますが、こういったサプリメントは本当に効果があるのでしょうか?

ここでは記憶力に関係するサプリメントの情報について、調べたことをまとめていきます!

吉野式記憶術公式HP

サプリメントは効果なし?

結論から申し上げると、記憶力アップや認知症の改善、予防を謳っているサプリメントの効果は、科学的根拠を得られていません。

ただし、全く効果がないというわけではなく、脳機能を良好に保つのに必要な栄養素はいくつか存在しており、それらの栄養素を含むサプリメントが流通しています。これらの栄養素を効果的に吸収することで、脳機能の改善が期待できます。

こういったサプリメントにおいて注すべき点は、どの栄養素がどれくらい量が含まれているのかを、きちんと確認するべきところでしょう。

例えば、『コラーゲン配合』や『DHA配合』と書かれている商品があったとしても、配合されいるのがほとんど効果が出ないほど少量だったとしても、ウソではありません。

日本は約20年ほど前に『特定保健用食品』、いわゆる『トクホ』が登場し、この表示のおかげでサプリも良し悪しが分かりやすくなりましが、目的に合わせた栄養素の含有量や、吸収率などに注目してサプリメントを選ぶ必要があります。

サプリメントを飲む前に知っておきたいこと

記憶力だけではなく、体に必要な栄養素を摂取するのに、サプリメントは年々需要を増してきています。

その理由は私たちがふだんのふだんの食生活で食べている食物の栄養価が下がってきており、食事だけでは人が必要な栄養をすべて補うことができなくなってきているからです。

また、サプリメントに関しても食事と同じでバランスよく摂らないと意味がありません。

例えば脳の働きに必要なエネルギーの糖質ですが、ビタミンB群などと一緒に摂取しなければエネルギーとして変換されることはありません。

サプリメントは足りない栄養素を補うのが役割なので、最も足りていない栄養素も含めて摂取する必要があります。

記憶力に役立つ栄養素とは

それでは実際にどういった栄養素が記憶力と関係しているのかを詳しく解説していきます。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、記憶などを司る脳の海馬に多く存在しており、脳の神経を再生し、情報伝達をスムーズにするといわれています。

人の体を構成するうえで必要不可欠な栄養素で、脂質いわゆる油を構成するモトとなる「脂肪酸」というものです。

DHAを含むサプリメントの種類はかなり多く存在しており、記憶力維持にも注目されている栄養素です。

子供にDHAが含まれる母乳を飲ませるとIQが高くなる、DHA摂取後の記憶力テストを18歳から45歳の人に行ったところ、記憶力が上がったとの事例があります。

DHAは脳にあるバリアー機能である血液脳関門を通る事が出来るので、ダイレクトに栄養を脳に届ける事が出来ます。

アラキドン酸(ARA)

アラキドン酸(ARA)もDHAと同じく必須脂肪酸で、肉類や魚介類、レバー、卵などに含まれています。アラキドン酸は乳児の脳や体の発達には必要不可欠な成分で、免疫機能を調整する効果や、学習力や記憶力を向上する効果があります。

現段階では脳の海馬の記憶の入り口と言われている歯状回の神経細胞の活性化や、神経細胞の情報伝達をスムーズにする働きがあるとされる報告があります。

ホスファチジルセリン(PS)

ホスファチジルセリン(PS)とは、人間の体を構成している細胞の膜に存在するリン脂質の一種です。

脳に多く存在しているため、脳の栄養素とも呼ばれています。

脳の機能改善や、特に軽いアルツハイマー型認知症に対して認知能力の改善、進行遅延に効果・効能があり、加齢による認識能力の低下や記憶障害なども改善するとされています。

またADHDの子供にも有効で、症状の改善が期待出来る成分として注目を集めています。ただアルツハイマー型認知症に関しては、16週間以上の継続で効果が下がってしまうという結果も出ているようです。

アミロバン

アミロバンはヤマブシタケというキノコに含まれる微小成分です。血液脳関門を通る事が出来るとわかり、注目されるようになりました。

アミロバンには脳神経細胞の機能を修復するという研究結果が発表されており、統合失調症の陰性症状やうつ病治療において効果的であったという報告が多数存在し、かつ副作用もほとんどないという報告があります。

糖質

糖質はご飯やパン、麺類やチョコレートなどの炭水化物などに含まれており、脳のエネルギーとなる非常に重要な食べ物です。

炭水化物が不足すると脳にエネルギーが行き渡らなくなり、脳疲労となります。ビタミンB1・B6などと一緒に摂取することで、効率的にエネルギーに変換してくれます。

タンパク質

タンパク質は、肉や魚、卵、牛乳や乳製品などに多く含まれています。

体の組織を作る成分であり、脳の神経伝達物質もタンパク質から作られています。また、やる気を起こさせるドーパミンも、原料はタンパク質です。

バランスのいい食生活を心がけよう

サプリメントが実際に記憶力アップにおいて効果があるかどうかは、残念ながら科学的な確証は得られていません。そして大事なのは「サプリメントは足りない栄養素を補う役割」だということです。

普段からバランスのいい食生活や、睡眠、運動を心がけ、健康的な生活を送っていれば自ずと体のポテンシャルも上がるでしょう。

吉野式記憶術公式HP TOPページを見る